新しいコンピューターに『やよいの見積・納品・請求書 17』を移行したい やよいの見積・納品・請求書 17 サポート情報

ID:ida20554

※画像はWindows 7のものを使用しています。

現在ご使用中のコンピューターから新しいコンピューター(別のコンピューター)へ移行するには、現在ご使用中のコンピューターで『やよいの見積・納品・請求書』のデータのバックアップファイルを作成して、新しいコンピューターで復元します。

現在ご使用中のコンピューターにインストールしている弥生製品を選択してください。

『旧やよいの見積・納品・請求書 11・13・14・15・16』
『やよいの見積・納品・請求書 17』

以下のページでシステム要件を確認してください。

弥生製品のシステム要件について

現在ご使用のコンピューターのデータを新しいコンピューターに移動する際、「引越しソフトでの移動」や「ハードディスク自体の移動」を行うと、アプリケーションが正常に動作しなくなる可能性があるため、推奨していません。
新しいコンピューターへデータを移行する場合は、これまで使用していたコンピューターで[ライセンス認証解除]して、新しいコンピューターで[ライセンス認証]を行う必要があります。

『旧製品』から『やよいの見積・納品・請求書 17』へ移行する場合


<現在使用中のコンピューターで行う作業>
  • 事業所データのバックアップ 『やよいの見積・納品・請求書』のデータのバックアップを行います。
    事業所データを保存したい(バックアップの方法)
    (こちらは、『やよいの見積・納品・請求書 17』でのデータバックアップ方法です。)

  • [お客様番号]と[弥生製品登録番号]をメモする
    • デスクトップの弥生 マイポータルのアイコンをダブルクリックして[弥生 マイポータル]を起動します。
    • [やよいの見積・納品・請求書]メニューの[サポートツール]-[バージョン情報]をクリックして、[お客様番号]と[弥生製品登録番号]をメモします。

    新しいコンピューターで、[ライセンス認証]を行うときに必要になります。

    <新しいコンピューターで行う作業>
  • プログラムのインストール・プログラムの起動 新しいコンピューターに『やよいの見積・納品・請求書』をインストールします。
    『やよいの見積・納品・請求書 17』のインストール方法
    インストールが完了したら、『やよいの見積・納品・請求書』を起動します。
    『ライセンス認証』画面が表示されます。
    [今は認証しない]をクリックします。
  • データコンバートを行う
    • [メニュー]タブの[事業所データ]カテゴリから[データの復元]を選択します。
    • [参照]をクリックします。
      旧コンピューターでバックアップを行ったデータのバージョンを選択します。

      ここでは[やよい請求 16バックアップファイル]を選択します。
      コンバートをするデータを選択して、[開く]をクリックします。
    • [復元先の指定]の[復元方法]で[新規]を選択します。
      [事業所データ名]を確認して[OK]をクリックします。
    • [過去バージョンデータのコンバート]画面で[はい]をクリックします。
    • バックアップファイル復元完了のメッセージが表示されます。
      [OK]をクリックします。
      データにパスワードが付いている場合はパスワードを入力すると復元が完了します。
      コンバートが完了して、正しくデータが移行されたことを確認します。

    <現在使用中のコンピューターで行う作業>
  • [ライセンス認証解除]を行う 現在使用中のコンピューターで、[ライセンス認証解除]を行います。
  • プログラムのアンインストールを行う これまで使用していた『やよいの見積・納品・請求書』のプログラムをアンインストール(削除)します。
     
  • <新しいコンピューターで行う作業>
  • ライセンス認証を行う デスクトップの弥生 マイポータルのアイコンをダブルクリックして[弥生 マイポータル]を起動します。
    画面右上の歯車のアイコン(設定メニュー)から[弥生 ライセンス認証管理]をクリックします。

    弥生製品を起動すると、ライセンス認証画面が表示される

  • 『やよいの見積・納品・請求書 17』から『やよいの見積・納品・請求書 17』へ移行する場合


    <現在使用中のコンピューターで行う作業>
  • [環境設定]の内容をメモする [環境設定]は、新しいコンピューターで再設定が必要になります。
    そのため、これまで使用していたコンピューターの設定内容をメモに取り、新しいコンピューターに再度設定します。

    • [メニュー]タブの[得意先・商品・設定]カテゴリをクリックして、[設定]をクリックします。
    • [環境設定]をクリックして、すべてのチェックの有無や設定内容をメモします。
      これらの設定はバックアップファイルに含まれないため、新しいコンピューターで再設定が必要になります。
  • [お客様番号]と[弥生製品登録番号]をメモする
    • デスクトップの弥生 マイポータルのアイコンをダブルクリックして[弥生 マイポータル]を起動します。
    • [やよいの見積・納品・請求書]メニューの[サポートツール]-[バージョン情報]をクリックして、[お客様番号]と[弥生製品登録番号]をメモします。

    新しいコンピューターで、[ライセンス認証]を行うときに必要になります。
  • 事業所データのバックアップ 『やよいの見積・納品・請求書』のデータのバックアップを行います。

    ここでは、USBメモリにバックアップする方法を説明しています。
    バックアップは、現在開いているデータに対して行います。
    一度に複数のデータをバックアップすることはできません。
    データが複数ある場合は、1つずつデータを開いてバックアップしてください。
    データバックアップサービスを利用して、バックアップファイルを自動で弥生ドライブに保存したい

  • <新しいコンピューターで行う作業>
  • プログラムのインストール・プログラムの起動 新しいコンピューターに『やよいの見積・納品・請求書』をインストールします。
    『やよいの見積・納品・請求書』を起動します。
    『ライセンス認証』画面が表示されます。
    [今は認証しない]をクリックします。
  • 事業所データのバックアップ復元 旧コンピューターでバックアップした事業所データを復元します。
  • 環境設定の内容を設定する
    • [メニュー]タブの[得意先・商品・設定]カテゴリをクリックして、[設定]をクリックします。
    • [環境設定]をクリックして、<現在使用中のコンピューターで行う作業>の手順1でメモした[環境設定]の内容を設定します。

    <現在使用中のコンピューターで行う作業>
  • [ライセンス認証解除]を行う ライセンス認証を解除する方法
  • プログラムのアンインストールを行う これまで使用していた『やよいの見積・納品・請求書』のプログラムをアンインストール(削除)します。
    『やよいの見積・納品・請求書』をアンインストール(削除)する方法

  • <新しいコンピューターで行う作業>
  • ライセンス認証を行う デスクトップの弥生 マイポータルのアイコンをダブルクリックして[弥生 マイポータル]を起動します。
    画面右上の歯車のアイコン(設定メニュー)から[弥生 ライセンス認証管理]をクリックします。

    ライセンス認証を解除する方法

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計 17

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売 17

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計 17

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売 17

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計 16

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売 16

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計 16

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売 16

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク