決算・申告、業務の流れ(法人)
税込経理の場合、確定した消費税額はいつ仕訳したらよいですか?

ID:ida1505
税込経理の場合、確定した消費税をいつ仕訳するかは、次の2つの方法があります。
 
1.原則・・・ 申告書が提出された日の属する事業年度
        ※通常、申告書の提出と納付は同時期に行いますので、納付日で仕訳します。
2.例外・・・   決算時に未払金経理をした場合は、その事業年度

※原則、例外どちらの方法で仕訳しても問題ありません。
 実務上は、決算時に未払金経理をしている方が多いです。
 なお、法人税の計算上は、未払金処理がされていないとその事業年度に費用処理ができません。
 (後から修正して発生年度の費用にすることができません。)

【例】
決算にあたり、当年度の消費税額を計算した結果、納付税額は150,000円だった
翌事業年度に納付税額150,000円を現金で支払った

【仕訳】
1.申告書が提出された日の属する事業年度(原則)

・決算日
 納付日で仕訳するため、決算仕訳なし

・翌事業年度の納付日
借方勘定科目  借方金額  貸方勘定科目  貸方金額  摘要 
租税公課   150,000円 現金   150,000円 確定消費税額納付 

2.決算時に未払金経理をした場合は、その事業年度(例外)

 ・決算日
借方勘定科目  借方金額  貸方勘定科目  貸方金額  摘要 
 租税公課  150,000円 未払消費税等 150,000円  確定消費税額 

・翌事業年度の納付日
 上記の未払消費税等を支払った処理をします。
借方勘定科目  借方金額  貸方勘定科目  貸方金額  摘要 
未払消費税等 150,000円  現金  150,000円  確定消費税額納付 

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク