労務相談
年次有給休暇の付与日数や従業員が使用した日数は、事業主が管理する必要があるのでしょうか?

ID:ida24930

2019年4月の法改正により、年次有給休暇管理簿の作成が義務化され、使用者は労働者の年次有給休暇の取得状況を把握するため、労働者各人別の「基準日」「付与日数」「取得時季」「取得日数」を記録する必要があります。

なお、一般的な年次有給休暇管理簿の項目は以下を参考にしてください。

項目

  • 労働者の氏名
  • 入社年月日
  • 勤続年数
  • 年次有給休暇の基準日
  • 新規で付与された年次有給休暇の日数
  • 前年から繰り越された年次有給休暇の日数
  • 月ごとの取得日数と取得後の残日数
  • 翌年へ繰り越しする日数

また、労働者名簿や賃金台帳に上記の項目を記載することにより、そちらを年次有給休暇管理簿として扱うことも可能です。

年次有給休暇管理簿の保管期間は3年間となりますので、過去3年分は記録として残しておく必要があります。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク