決算・申告、業務の流れ(法人)
消費税増税に伴い、増税分(2%)の請求が発生した仕訳(処理)方法

ID:ida25692

2019年(令和1年)10月1日から、消費税率が10%に改正されました。
消費税率8%の費用として既に支払い済みのものにおいて、増税分(2%)が別途請求され支払った場合、以下のように仕訳します。

【例】
消費税率8%として支払い済みの2019年10月~2019年12月までのサポート契約の費用において、増税分(2%)の請求があり支払った。
既に、32,400円(消費税率8%込み)を支払っており、増税分(2%)の600円が請求された。
※32,400円(消費税8%込み)を支払った取引は、消費税率8%の「雑費」として記帳済み


【仕訳】

借方勘定科目借方金額貸方勘定科目貸方金額摘要
雑費33,000円雑費32,400円雑費の振り替え
普通預金600円増税分(2%)支払い

※既に計上済みの消費税率8%の経費(32,400円)を消費税率10%の経費(33,000円)に振り替え、差額を支払う課税取引です。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク