確定申告、業務の流れ(個人)
青色申告に必要な「帳簿」とは

ID:idb1993
65万円の特別控除を受けるには「複式簿記」による複数の帳簿作成が義務づけられています。なかでも必要なのは「主要簿」と呼ばれる「仕訳帳」と「総勘定元帳」の2つ。さらに目的別に取引を管理するための「補助簿」と呼ばれる帳簿が6つほどあります。

パソコンで帳簿付けすれば自動転記だから簡単

「青色申告承認申請書」の届け出 で解説した「青色申告承認申請書」では、「備付帳簿名」の欄で8種類の帳簿に○を付けました。この8つが複式簿記で使う帳簿です。下図で各帳簿の役割を簡単に説明しています。手作業の帳簿付けでは、取引の種類ごとにいちいち帳簿を選んで書き込む必要がありますが、『やよいの青色申告』では「かんたん取引入力」という便利な方法があります。これは「取引名」を選ぶだけで、自動的に適切な帳簿に書き込まれ、他の帳簿にも転記されるという機能です。



「青色申告に必要な「帳簿」とは」の関連情報

「青色申告に必要な「帳簿」とは」のよくある質問(FAQ)

キーワードで検索する

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

領収書や口座はどう管理したらいいの?

帳簿付け(取引入力)で困ったときは?

決算って何するの?

開業したときは?

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク