確定申告、業務の流れ(個人)
帳簿入力のキモ!「 勘定科目」を理解する

ID:idb1998
「勘定科目」とはお金の使い道を目的別に分けたものです。たとえば文房具を購入した場合は「消耗品費」、電話料金は「通信費」といったように、あらかじめ用意されている勘定科目に当てはめます。

「勘定科目」は決算書に準じています

帳簿付けするときに、どんな目的で使ったお金なのかを表すのが「勘定科目」です。勘定科目は「青色申告決算書」に載っているものが基本になります。主に必要経費を分類するときに使われますが、必要経費以外でも使います。例えば、車を買ったときは「車両運搬具」、お金を借りたときは「借入金」など、財産を分類するのにも使います。複式簿記ではすべてのお金の出入りは勘定科目で分類して帳簿に付けなければなりません。『やよいの青色申告』の「かんたん取引入力」機能を使えば、勘定科目を意識しなくても、お金の使い道によって自動的に分類してくれます。詳しくは 勘定科目早見表 を参照してください。



「帳簿入力のキモ!「 勘定科目」を理解する」の関連情報

「帳簿入力のキモ!「 勘定科目」を理解する」のよくある質問(FAQ)

キーワードで検索する

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

領収書や口座はどう管理したらいいの?

帳簿付け(取引入力)で困ったときは?

決算って何するの?

開業したときは?

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク