確定申告、業務の流れ(個人)
家賃や光熱費はどこまでが経費になる?

ID:idb2000
自宅兼事務所の家賃や電気代などの「家事関連費」は必要経費として計上できます。ただし、経費になるのは仕事に係る部分だけなので「按分(あんぶん)」する必要があります。

合理的な基準を決めて「按分」します

家事関連費は、仕事に使っている割合の分を必要経費として計上できます。家事関連費を個人用と仕事用とに区別することを「按分」といいますが、これは下図のような目安をもとに算出します。必ずこう分けるという決まりはありませんが、税務署に按分の理由を聞かれたときに納得してもらえるような割合にしておきましょう。『やよいの青色申告』の場合、「家事按分」という機能が付いています。家賃や光熱費など、それぞれどのくらいの割合を事業用に使っているかを登録しておくだけで、自動的に事業用だけの金額を必要経費として割り出してくれます。



「家賃や光熱費はどこまでが経費になる?」の関連情報

「家賃や光熱費はどこまでが経費になる?」のよくある質問(FAQ)

キーワードで検索する

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

領収書や口座はどう管理したらいいの?

帳簿付け(取引入力)で困ったときは?

決算って何するの?

開業したときは?

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク