確定申告、業務の流れ(個人)
借入金の返済はどう処理する?

ID:idb2003
金融機関から借りた「借入金(かりいれきん)」の帳簿付けは少し複雑です。返済時には利息がつくので、返済金の元本と利息を分けて入力する必要があります。元本と利息をいっしょにして帳簿付けしていくと借入金の残高と帳簿残高とが合わなくなります。

返済の元本と利息を分けて扱います

商売をするうえでは、資金の借り入れをすることも多いでしょう。借入金には利息が付くので、返済時に返済した金額をまとめて帳簿付けしてしまうと本来経費になる利息が経費にならないうえ、借入金の残高もおかしくなってしまいます。返済するときには元本分と利息分を分けて入力しておきます。こうしておけば、借入金の帳簿上の残高と実際の残高が同じになります。利息は「支払利息」という勘定科目で必要経費として計上しましょう。


「借入金の返済はどう処理する?」の関連情報

「借入金の返済はどう処理する?」のよくある質問(FAQ)

キーワードで検索する

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

領収書や口座はどう管理したらいいの?

帳簿付け(取引入力)で困ったときは?

決算って何するの?

開業したときは?

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク