確定申告、業務の流れ(個人)
消費税の入力はどうすればいいの?

ID:idb2004
消費税の課税事業者になると、消費税の申告計算をするために帳簿付けでも消費税を意識する必要が出てきます。そんな場合でも最新の消費税に対応している『やよいの青色申告』なら安心して入力できます。

事業者の状況に合わせて入力の設定ができます

消費税の帳簿付けには「税込経理」と「税抜経理」があります。税込とは本体価格と消費税の合計で記帳する方法で、税抜とは本体価格と消費税を別々に分けて記帳する方法です。『やよいの青色申告』では「税込経理」と「税抜経理」を自由に設定できますが、簡単な税込経理がお勧めです。税込経理の場合、納めた消費税は「租税公課」として入力します。また、「免税事業者」は「免税」の設定で、消費税を気にせず入力できます。

消費税額の計算は「本則」と「簡易」がある

消費税額の計算には「本則課税(原則課税)」と「簡易課税」があります。本則課税は「売上にかかる消費税」から、「仕入などで支払った消費税」をきっちりと差し引く方法です。すべての取引の消費税を集計するので大変ですが、『やよいの青色申告』では自動で集計してくれます。簡易課税は業種ごとの「みなし仕入率」を使って簡単に消費税額を割り出せます。ただし、簡易課税を選択できるのは2年前の課税売上が5000万円以下の事業者です。本則と簡易、どちらの税額が安くなるかを検討してみましょう。


「消費税の入力はどうすればいいの?」の関連情報

「消費税の入力はどうすればいいの?」のよくある質問(FAQ)

キーワードで検索する

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

領収書や口座はどう管理したらいいの?

帳簿付け(取引入力)で困ったときは?

決算って何するの?

開業したときは?

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク