取引手段の「現金」「小口現金」の違いがわからない 弥生会計 オンライン サポート情報

ID:ida1055

法人の場合、「現金」と「小口現金」を分けて管理すると便利です。

これらは日常的な管理では別の科目として扱われますが、貸借対照表などの最終的な財務諸表では合算され「現金及び預金等」という科目で記載されます。

「現金」または「小口現金」は以下のように使い分けます。

[取引手段]
の項目
使い分け方
現金 銀行預金での入出金額が目安の、ある程度まとまった現金
小口現金 日常的な少額の支払いのための現金

「現金」「小口現金」は、[かんたん取引入力]の[取引手段]で指定します。

[かんたん取引入力]メニューの基本的な使い方
[かんたん取引入力]画面の詳細

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク