一般課税から簡易課税に変更すると取引を修正できず、収支内訳書を作成できない やよいの白色申告 オンライン サポート情報

ID:ida16246
取引を登録済みの場合、「全体の設定」の[消費税の設定]で[課税方式]を「一般」から「簡易」に変更すると、[科目別消費税額の確認]画面や[かんたん取引入力]画面で取引を修正できないため、「収支内訳書の作成」を完了できません。
簡易課税で収支内訳書を作成するには、取引などを一度削除する必要があります。


  • 画面に表示されるメッセージ
    「収支内訳書の作成」の[消費税]で、画面に以下のメッセージが赤字で表示されます。
    「「第六種」または「指定なし」簡易課税事業区分は、本年分の取引では使用できません。」
      
  • 基本的な対応方法
    取引を登録済みの場合、期中での課税方式の変更はせず、翌期首になってから課税方式を変更します。  
  • 期中で課税方式を変更する必要がある場合
    簡易課税に変更した後、登録済みの取引や固定資産を登録し直す必要があります。
    • 取引を登録している場合
      「かんたん取引入力」の[取引の一覧]で取引をいったん削除し、同じ取引を登録し直します。
      登録した取引の削除    
    • 固定資産を登録している場合
      売却した固定資産がある場合、一度「固定資産の登録」の[固定資産の一覧]画面から固定資産を削除した後、再度登録し売却します。
      固定資産の削除

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク