前期まで「免税」で、今期から「簡易課税」に変更する方法 弥生会計 サポート情報

ID:ida17943
本年度から「簡易課税」に変更する場合は、必ず取引の入力を開始する前に、[消費税設定]画面で[簡易課税]に変更します。
  • クイックナビゲータの[導入]カテゴリから[消費税設定]をクリックします。
  • 事業者区分を[免税]から[課税]に変更します。
  • 課税方式で[簡易課税]を選択します。
  • [経理方式][税端数処理][簡易課税事業区分]を設定します。
  • [OK]をクリックします。

[簡易課税事業区分]は、「簡易課税制度の選択届出書」に記載した[事業者区分]を選択します。選択した[事業者区分]は、取引の入力時に初期値として表示されます。複数の事業を営む場合は、使用頻度が高い[事業区分]を選択しておきます。選択以外の[事業区分]の取引が発生した場合は、その都度[税区分]を入力時に変更します。

既に取引の入力を開始してから、消費税設定を「免税」から「課税(簡易課税)」に変更した場合、これまでに入力した取引のうち売上に関わる税区分が、[簡売不](課税売上簡易売上不明)や[簡返不](課税売上変換簡易売返還不明)になります。
[簡売不](課税売上簡易売上不明)や[簡返不](課税売上変換簡易売返還不明)の取引がある場合は、消費税の集計が正しく行えません。売上に関わる税区分を修正する必要があります。
[消費税申告書]で「事業区分に「不明」が設定されている仕訳があります。」のメッセージが表示される

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク