『MoneyLook for 弥生』からの仕訳取り込み方法 弥生会計 サポート情報

ID:ida18021

「MoneyLook for 弥生」は2020年5月をもって、サービスの提供を終了いたします。
詳細はこちらをご確認ください。


「MoneyLook for 弥生」から書き出した銀行明細ファイルは、以下の手順で取り込みます。

「MoneyLook for 弥生」から書き出したファイルの保存場所

Windows 7 ユーザー(Users)¥パブリック(Public)¥パブリックのドキュメント(Documents)¥Yayoi-Shared¥BankingExchange
Windows 8.1 ユーザー(Users)¥パブリック(Public)¥パブリックのドキュメント(Documents)¥Yayoi-Shared¥BankingExchange
Windows 10 ユーザー(Users)¥パブリック(Public)¥パブリックのドキュメント(Documents)¥Yayoi-Shared¥BankingExchange

[MoneyLook for 弥生]の操作・内容については、「MoneyLook for 弥生 よくある質問(FAQ)」 を確認してください。

  • 「MoneyLook」から銀行明細ファイルを書き出した後、弥生会計に切り替えると、自動的に[銀行明細取り込み]画面が起動します。 起動しない場合は、[ファイル]メニューの[銀行明細の取り込み]の[銀行明細取込]をクリックします。
  • 事業所データのバックアップの保存先とバックアップファイル名を設定して、[次へ]をクリックします。 バックアップの保存先を変更する場合は[参照]をクリックして保存先を変更します。

  • [銀行明細取り込み]画面が表示されます。
    取り込みを行う銀行明細データを選択し、[次へ]をクリックします。
    ※ここでは、2つの銀行口座の明細を取り込む方法を例に説明します。
  • [取り込み内容の確認]画面が表示されます。 確認して[実行]をクリックします。
     
  • [銀行口座の新規登録]画面が表示されます。
    [編集]をクリックし、銀行口座の勘定科目を割り当てます。
    複数の口座がある場合は、1行ごとに[編集]をクリックして、[勘定科目]を割り当てます。

    [銀行明細の新規登録]画面は、初回の取り込み時のみ表示されます。2回目以降は表示されません。

  • [銀行口座の新規登録]画面の[登録]をクリックします。
  • [銀行明細マッチングリストの新規登録]画面が表示されます。[明細摘要]ごとに[相手勘定科目]を設定します。 1行ごとに[編集]をクリックして[相手勘定科目][相手補助科目]を設定します。
  • [明細摘要]ごとの[相手勘定科目]を設定したら、[登録]をクリックします。

    次のメッセージが表示される場合があります。

    複数の銀行口座がある場合は、[銀行口座]の[▼]をクリックして、もう1つの銀行口座を選択して、[明細摘要]ごとの[相手勘定科目]を設定します。

  • [銀行明細取り込み完了]画面が表示されたら[完了]をクリックします。
  • クイックナビゲータの[取引]カテゴリから[仕訳日記帳]をクリックします。
  • 銀行明細から取り込んだ仕訳内容を確認します。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク