得意先への掛け売り上げを[かんたん取引入力]で入力する方法 弥生会計 サポート情報

ID:ida18134

得意先への掛け売り上げを[かんたん取引入力]で入力するには、「売上の取引」と「回収の取引」の2つの仕訳を登録する必要があります。

ここでは、「10月18日に得意先(中央産業)へ11,000の商品を掛け売りし、代金は11月25日に普通預金(小和銀行 城西支店)に振り込まれた」という例で、[かんたん取引入力]での入力方法を説明します。

  • 商品を販売したときの「売上の取引」
    • クイックナビゲータの[取引]カテゴリから[かんたん取引入力]をクリックします。
    • [かんたん取引入力]画面で以下のように入力し、[登録]をクリックします。
      [取引名]から[掛けで商品を販売した]を選択します。
      [取引日]を入力します。直接入力するか、カレンダーから選択します。
      補助科目がある場合は補助科目(得意先名称)を選択します。
      [金額]を入力します。直接入力するか、電卓から金額を入力します。
    • 「この内容で取引を登録します。」のメッセージが表示されたら[はい]をクリックします。
    • [今日の取引を確認]をクリックします。
    • 当日入力した仕訳が[仕訳日記帳]に表示されるので、内容を確認します。
  • 掛け代金の支払いを受けたときの「回収の取引」
    • クイックナビゲータの[取引]カテゴリから[かんたん取引入力]をクリックします。
    • [かんたん取引入力]画面で以下のように入力します。
      [取引名]から[売掛金代金が普通預金に振り込まれた]を選択します。
      取引日付を入力します。直接入力するか、カレンダーから選択します。
      補助科目がある場合は補助科目を選択します。
      [金額]を入力します。直接入力するか、電卓から金額を入力します。
    • 「この内容で取引を登録します。」のメッセージが表示されたら[はい]をクリックします。
    • [今日の取引を確認]をクリックします。
    • 当日入力した仕訳が[仕訳日記帳]に表示されるので、内容を確認します。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク