生命保険料控除額の入力方法 弥生会計 サポート情報

ID:ida18238
生命保険料控除額は、生命保険料などの控除証明書を基に入力を行います。

[配偶者][扶養親族]が[青色事業専従者]の場合は、[配偶者(特別)控除]や[扶養控除]と同時に[専従者給与(控除)]を受けることはできません。以下のどちらかに入力しください。
操作の前に、申告モジュールのバージョンを確認してください。

申告モジュールのバージョンの確認
  • クイックナビゲータの[決算・申告]カテゴリから[所得税確定申告書B]をクリックします。
  • [所得税確定申告モジュール]画面が開きます。
  • [第二表]タブをクリックして、「(14)生命保険料控除」欄の黄緑色の項目をクリックします。
  • [生命保険料控除額]画面が起動します。
  • 保険会社などから発行された「控除証明書」の証明額を確認して、[生命保険料控除額]画面の、新・旧それぞれの欄に入力します。
    <1> 旧生命保険料の金額を入力します。
    ※上記控除証明書記載例では<A> の金額を入力します。 
    <2> 旧個人年金保険料の金額を入力します。
    ※上記控除証明書記載例では<B> の金額を入力します。 
    <3> 新生命保険料の金額を入力します。
    ※上記控除証明書記載例では<C> の金額を入力します。 
    <4> 新個人年金保険料の金額を入力します。
    ※上記控除証明書記載例では<D> の金額を入力します。 
    <5> 介護医療保険料の金額を入力します。
    ※上記控除証明書記載例では<E> の金額を入力します。 

    源泉徴収票の金額を直接入力する方法

    源泉徴収票の金額を直接入力する場合は、下記手順にて入力を行います。

    • [生命保険料控除額]画面の[源泉徴収票の金額を入力する]にチェックを付けて、直接控除金額を入力します。
    • [帳票に反映]をクリックします。
  • 入力が終了したら[帳票に反映]をクリックします。
    保険会社により、証明額の記載方法は異なります。金額について、不明な点は保険会社へお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク