生命保険料控除額の入力方法 弥生会計 サポート情報

ID:ida18238

源泉徴収をしていない生命保険料控除額がある場合は、生命保険料などの控除証明書を基に入力します。生命保険料の控除を年末調整で受けた場合は源泉徴収票の金額を入力のみ行います。

操作の前に、申告モジュールのバージョンを確認してください。
申告モジュールのバージョンの確認

  • クイックナビゲータの[決算・申告]カテゴリから[所得税確定申告書B]をクリックします。[所得税確定申告モジュール]画面が開きます。
  • [第二表]タブの「15」[生命保険料控除]の黄緑色の項目をクリックします。
  • 保険会社などから発行された「控除証明書」の証明額を確認して、新・旧保険料の内訳を入力します。第三者作成書類(保険料の控除証明書等)の提出を省略するか、提出するかで異なります。

    <電子申告時に第三者作成書類の提出を省略する場合>

    • [電子申告時に、第三者作成書類の提出省略を行う]にチェックを付けます。
    • [生命保険料の明細]で保険料の内訳を入力します。
      明細行は、[入力行追加]をクリックして追加することができます。
      [年末調整等の申告]では、年末調整で控除を受けた保険料の場合は「年末調整で申告済み」を選択します。

    <電子申告を行わない場合、または電子申告時に第三者作成書類を郵送等で提出する場合>

    • 電子申告を行う際に、第三者作成書類(保険料の控除証明書等)を郵送等で税務署へ提出する場合は、[電子申告時に、第三者作成書類の提出省略を行う]のチェックを外します。
    • [生命保険料控除額の計算]で保険料の内訳を入力します。
      [うち年末調整等以外]は、[支払保険料等の計]に入力した金額のうち、年末調整で控除を受けていない金額を入力します。
    保険会社により証明額の記載方法は異なります。金額について不明な点は、保険会社へお問い合わせください。
  • 入力が終了したら[帳票に反映]をクリックします。

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク