バックアップファイルを復元する方法(スタンダード/プロフェッショナル) 弥生会計 サポート情報

ID:ida18610

保存したバックアップファイルをデータファイルとして使用するには、[バックアップファイルの復元]が必要です。

ここでは、USBメモリに保存したバックアップファイルを復元する方法を説明します。ハードディスクやMO、フロッピーディスクにバックアップファイルを保存している場合も、同様の手順で復元できます。

  • [ファイル]メニューの[バックアップファイルの復元]をクリックします。
  • [バックアップファイルの選択]画面で復元したいファイルを選択します。 ここでは、USBメモリに保存したバックアップファイルを復元するため、[参照先の設定]をクリックします。

    復元したいファイルについて

    絞り込みの[バージョン]初期値は、最新バージョンが選択されています。必要に応じて復元したい製品バージョンにチェックを付けます。
    復元したいバックアップファイルが表示されていない場合は、[参照先の設定]をクリックして、バックアップファイルの保存先を追加します。
  • [参照先の設定]画面で[フォルダーを追加]をクリックします。
  • [リムーバブルディスク]を選択して[OK]をクリックします。
    ※この画面でのドライブ表示などは、お客さまの環境により異なります。
  • [参照先の設定]画面に[リムーバブルディスク]が追加されたことを確認して[OK]をクリックします。 [バックアップファイルの選択]画面に戻ります。
  • 追加した[リムーバブルディスク]の中に表示されているバックアップファイルを選択して、[開く]をクリックします。

    旧バージョンのバックアップファイルを選択した場合

    選択したファイルが旧バージョンの場合は、復元後データをコンバート(変換)します。
    『弥生会計 18』へデータをコンバート(変換)する方法(スタンダード/プロフェッショナル) 『弥生会計 17』へデータをコンバート(変換)する方法(スタンダード/プロフェッショナル)
  • [バックアップファイルの復元]画面が表示されます。 復元先を確認して、[復元]をクリックします。
     項目 変更方法
    復元場所 [参照先]をクリックして[保存先の選択]画面から選択します。
    復元データ名 クリックすると直接入力できます。また、表示される[▼]をクリックすると、復元場所にある事業所データ名が表示されます。既存のデータ名を選択して復元する場合は、確認のメッセージが表示されます。

    復元場所に、同じ名前の事業所データが存在する場合は、確認のメッセージが表示されます。
    既存の事業所データに上書きする場合は、[はい]をクリックします。上書きせず、別データとして復元したい場合は、[いいえ]をクリックして[復元データ名]を直接変更し[復元]をクリックします。
  • 「バックアップファイルの復元は、正常に終了しました。」のメッセージが表示されます。 [OK]をクリックします。
  • 「復元した事業所データを開きますか?」のメッセージが表示されます。 [はい]をクリックします。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク