「源泉徴収税額表」を改定したのに、所得税が変更されない 弥生給与 サポート情報

ID:ida19748

平成30年度税制改正により、2020年(令和2年)分から給与所得控除の上限額が220万円から195万円に引き下げられるなど、個人所得課税の見直しが行われました。「令和2年分 給与所得の源泉徴収税額表(月額表)」では、「その月の社会保険料等控除後の給与等の金額」が707,000円以上の場合、昨年に比べ所得税額が多くなります。

1か月の給与のうち、課税支給額から社会保険料を差し引いた金額が707,000円未満の場合は、今までと所得税額は変わりません。

乙欄の場合は、課税支給額から社会保険料を差し引いた金額が287,000円未満の場合、今までと所得税額は変わりません。

法令改正の詳しい内容は、源泉徴収税額表が変更されますを参照してください。

課税支給額から社会保険料を差し引いた金額が707,000円以上で、[法令基準改定]を更新しても所得税が変わらない場合は、以下の内容を確認してください。


給与明細書が[ロック中]になっている

  • クイックナビゲータの[給与支払]カテゴリから[明細入力 明細書の印刷]をクリックします。
  • 画面右上部に[ロック中]と表示されている従業員は、明細入力画面がロックされています。
  • [編集]メニューの[ロックを解除]、または[すべてのロックを解除]でロックの解除を行うと、[法令基準改定]後の新しい税率で計算されます。 <[ロック解除]を行った場合>
    表示されている従業員のみ、ロック解除されます。

    <[すべてのロックを解除]を行った場合>
    全従業員の明細が、ロック解除されます。
    (※)『弥生給与』で複数締切日グループを設定しているときは、表示されている締切日グループの従業員のみ、ロック解除されます。

給与明細書の所得税を直接手入力している

給与(賞与)の明細入力画面で所得税を直接手入力した場合は、自動計算の機能が無効になります。
以下の手順で、確認と修正を行ってください。
  • クイックナビゲータの[給与支払]カテゴリから[明細入力 明細書の印刷]をクリックします。
  • 該当する従業員を選択します。 所得税を直接手入力した場合には、金額が緑色で表示されています。
  • 「所得税」の金額欄を右クリックし、[項目の再計算]をクリックします。

    クイックナビゲータの[導入]から[従業員]の[一般]タブで、[税額表]の[手入力]にチェックを付けている場合は、[項目の再計算]をクリックしても所得税の金額は変わりません。
    所得税を自動計算させたい場合は、[手入力]のチェックを外してください。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク