コードを大分類、小分類設定したときの集計表での設定手順 弥生販売 サポート情報

ID:ida20259
得意先台帳や商品台帳、仕入先台帳、納入先台帳は、コードの桁数を利用して、大分類・小分類を設定することができます。分類を設定することで、各レポートを小計ごとに表示できます。[基本情報]画面で[得意先コード][商品コード][仕入先コード]タブの[コード設定]をした分類に従って、商品、得意先、仕入先のコードを登録します。

例)基本情報の[商品コード]タブで大分類[3桁]小分類[7桁]と設定し、
  商品コードを以下のように登録した場合
  下記4つの商品の大分類は[CUP]、小分類は[CUP-TKS][CUP-XCB]と集計されます。
  ※設定する桁数は全コードの先頭からの桁数です。

  CUP-TKS-0002 [ターコイズ ティーカップ&ソーサー]
  CUP-XCB-0003 [コロンビア ティーカップ&ソーサー]
  CUP-XCB-0004 [インディオ ティーカップ&ソーサー]
  CUP-XCB-0005 [トゥターン コーヒーカップ&ソーサー]
  CUP-XCB-0006 [インドの花 ティーカップ&ソーサー]

※『弥生販売 スタンダード』には仕入先コード(仕入先台帳)の設定はありません。  

ここでは商品別売上日報での集計手順を例に説明します。分類計を集計したいレポートに読み替えて作業を行ってください。

  • クイックナビゲータの[導入]カテゴリから[基本情報]をクリックします。
  • [商品コード]タブの[大分類]と[小分類]に桁数を入力し、[OK]をクリックします。
  • ここでは大分類[3桁]小分類[7桁]と入力します。
  • クイックナビゲータの[売上レポート]カテゴリから[売上日報]をクリックします。
  • [条件名]で[商品別売上日報]を選択します。
  • [条件設定]をクリックします。
  • [表示]タブをクリックして、[合計行を表示する]にチェックを付けます。
  • [集計][期間][その他]タブで集計範囲を設定して、[OK]をクリックします。
  • 以下の図のように[小分類計][大分類計]が表示されます。

【分類計を集計できるレポート】
売上(仕入)日報・月報 得意先(仕入先)順/商品順
入金(出金)日報・月報 請求先(仕入先)順
売上(仕入)推移表 得意先(仕入先)順/商品順
売上(仕入)分析表 得意先(仕入先)順/商品順
売掛(買掛)残高一覧表 請求先(仕入先)順
回収(支払)状況一覧表 請求先(仕入先)順
回収(支払)予定表 請求先(仕入先)順
在庫関連
 ・在庫確認
  ‐在庫問合せ
  -在庫過不足一覧表
  -予定在庫一覧表
 ・在庫一覧表
 ・在庫推移表
 ・滞留商品一覧表
 ・生産日報
 ・売上仕入比較表
商品順
予算実績関連
 ・予算実績推移表
 ・予算実績対比表
得意先順/商品順
※『弥生販売 スタンダード』には仕入、支払、在庫、予算に関するレポートはありません。

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク