台帳を登録せずに伝票を入力できますか? 弥生販売 サポート情報

ID:ida20313
『弥生販売』では伝票を入力する際に、台帳に登録していない得意先や商品を使用することはできません。
伝票の入力中に台帳に登録していない得意先や商品を使用したい場合は、[台帳追加]画面から台帳を登録する必要があります。

台帳の登録画面には[かんたん形式]と[詳細形式]の2種類があり、以下の手順で台帳登録を行えば、伝票入力時に最低限必要な項目のみで簡単に台帳登録ができ、伝票登録を進めることができます。

伝票画面から登録ができる台帳

得意先台帳/納入先台帳/商品台帳/仕入先台帳 ※ 

※印の付いた項目は『弥生販売 スタンダード』にはありません。 

ここでは売上伝票を入力する際に、得意先を登録する場合を例に説明します。他の伝票からの手順も同様です。
  • クイックナビゲータの[導入]カテゴリから[基本情報]をクリックします。
  • [運用方法]タブを選択して、[得意先台帳登録]の[かんたん形式]を選択します。 [商品台帳][仕入先台帳]も同様に[かんたん形式]を選択して、[OK]をクリックします。

  • クイックナビゲータの[売上]カテゴリから[得意先への売上]をクリックします。
  • [得意先]にカーソルがある状態で[台帳追加]をクリックします。

  • [かんたん得意先台帳登録]画面が表示されますので、[得意先コード]を入力します。 その他の項目は必要に応じて入力します。

  • 赤枠の[得意先コード]の項目は必須入力項目です。
    得意先コード 得意先コードを入力します。
    [・・・]をクリックすると登録済みの台帳を参照できます。
    [基本情報]の[得意先コード]タブで[数値のみ自動付番]の設定を行っている場合、コードが自動で入力されます。
    コード付番 [基本情報]の[得意先コード]タブで[分類文字列付の自動付番]の設定を行っている場合、[コード付番]のボタンをクリックすると[コード入力]画面が表示され、入力するコードを選択できます。
    得意先名称 得意先の名称を入力します。
    フリガナ 得意先名称を入力すると自動表示します。
    必要に応じて修正してください。
    郵便番号 [・・・]をクリックすると郵便番号辞書を参照できます。
    住所1 郵便番号を入力すると自動表示します。
    必要に応じて修正してください。
    住所2 住所1で入力しきれなかった住所を入力します。
    部署名・役職名 得意先担当の部署名・役職名を入力します。
    ご担当者 得意先のご担当者を入力します。
    敬称 得意先名(担当者)の後に印字される敬称を選択します。
    TEL・FAX 得意先のTEL・FAXを入力します。
    担当者 自社の担当者を[・・・]から選択します。設定すると伝票を入力するときに自動表示します。
    取引区分 [▼]をクリックして選択します。
    [掛取引]:売上日と別に請求締日までの売上金を一括で請求するときに選択します。
    [現金売上]:売上と同時に代金を受け取る場合に選択します。
    [都度請求]:売上と同時に売掛金を請求する場合に選択します。
    [サンプル]:サンプル品の提供のみの場合に選択します。
    請求先 売掛金を異なる得意先で管理する場合に入力します。
    締グループ 取引区分[掛取引]を選択した場合、請求締切処理を行う締グループを選択します。
  • [登録]をクリックします。
  • 売上伝票に戻って、入力を続けます。


参考:納入先台帳

納入先コード入力欄にカーソルがある状態で[台帳追加]をクリックします。※納入先を使用しない場合は、入力する必要はありません。

[かんたん納入先台帳登録]画面が表示されます。

赤枠の[納入先コード]の項目は必須入力項目です。
納入先コード 納入先コードを入力します。
[・・・]をクリックすると登録済みの台帳を参照できます。
[基本情報]の[納入先コード]タブで[数値のみ自動付番]の設定を行っている場合、コードが自動で入力されます。
コード付番 [基本情報]の[納入先コード]タブで[分類文字列付の自動付番]の設定を行っている場合、[コード付番]のボタンをクリックすると[コード入力]画面が表示され、入力するコードを選択できます。
納入先名称 納入先の名称を入力します。
フリガナ 納入先名称を入力すると自動表示します。
必要に応じて修正してください。
略称 納入先名称を入力すると自動表示します。
必要に応じて修正してください。
郵便番号 [・・・]をクリックすると郵便番号辞書を参照できます。
住所1 郵便番号を入力すると自動表示します。
必要に応じて修正してください。
住所2 住所1で入力しきれなかった住所を入力します。
部署名・役職名 納入先担当の部署名・役職名を入力します。
ご担当者 納入先のご担当者を入力します。
敬称 納入先の印刷を行う際に納入先名(担当者)の後に印字される敬称を選択します。
TEL・FAX 得意先のTEL・FAXを入力します。
得意先 特定の得意先専用の納入先としない場合は、表示されている得意先コードを[Delete]キーで消してください。

参考:商品台帳

商品コード入力欄にカーソルがある状態で[台帳追加]をクリックします。
[かんたん商品台帳登録]画面が表示されます。

赤枠の[商品コード]の項目は必須入力項目です。
商品コード 商品コードを入力します。
[・・・]をクリックすると登録済みの台帳を参照できます。
[基本情報]の[商品コード]タブで[数値のみ自動付番]設定を行っている場合コードが自動で入力されます。
コード付番 [基本情報]の[商品コード]タブで[分類文字列付の自動付番]の設定を行っている場合、[コード付番]のボタンをクリックすると[コード入力]画面が表示され、入力するコードを選択できます。
商品名称 商品の名称を入力します。
フリガナ 商品名称を入力すると自動表示します。
必要に応じて修正してください。
単位 商品の単位を入力します。
数字は半角で記載してください。
入数 数字は半角で記載してください。
伝票入力時に[ケース]を入力すると[ケース]×[入数]で[数量]が自動計算されます。
課税区分 [▼]をクリックして、伝票作成時に初期表示される課税区分を選択します。
売上単価 商品の標準小売価格を入力します。
数字は半角で記載してください。
※[税抜き][税込み]どちらか一方に登録すれば、得意先の税転嫁に応じて自動計算されます。
必要に応じて商品台帳・リストで修正してください。
売上原価 商品の原価を入力します。
粗利益の計算に使用されます。
※[税抜き][税込み]どちらか一方に登録すれば、得意先の税転嫁に応じて自動計算されます。
仕入単価 商品の標準的な仕入単価を入力します。
※[税抜き][税込み]どちらか一方に登録すれば、仕入先の税転嫁に応じて自動計算されます。
必要に応じて商品台帳・リストで修正してください。
※『弥生販売 スタンダード』には、仕入機能はありません。
[かんたん形式]で登録した台帳内容を修正する場合は、[台帳]メニューから登録した台帳を選択して修正してください。
[得意先リスト][商品リスト][仕入先リスト]でも同様に修正できます。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク