請求締切の取消手順 弥生販売 サポート情報

ID:ida20376

請求締切をした後に伝票の修正や削除をする場合は、請求締切を取り消します。
ここでは[請求締切の取消]の手順を説明します。
[支払締切の取消]を行いたい場合は[請求]を[支払]、[売上]を[仕入]に読み替えて作業を行ってください。
※『弥生販売 スタンダード』には、[仕入]メニューはありません。

  • [売上]メニューの[請求締]を選択して、[請求締切の取消]をクリックします。
  • [締グループ]に請求締切の取消を行うグループを入力します。

    [締グループ]が不明な場合や設定していない場合は、未入力にします。
    その場合は、すべての請求先が集計の対象になりますので、手順4で請求先を選択して[請求締切の取消]を行います。

  • [締日]を入力します。 [締日]欄をクリックすると、前回の請求締切日が自動で表示されます。
  • [集計]をクリックします。請求締切の取消の対象となる請求先が集計されます。

    「請求データが他のウィンドウで変更される可能性があるので、締切取消は実行できません。」のメッセージが表示された場合は、[請求締切の取消]と同時に使用できないメニューが開かれています。[請求締切の取消]以外の画面をすべて閉じた後に再度[集計]を行ってください。

    表示されたすべての請求先の締切を取り消す場合は、手順5に進みます。
    請求先を選択して取消を行う場合は、以下の手順で請求先を選択します。

    <一部の請求先を取消の対象とする場合>
    行セレクターを使用して、取消の対象とする請求先を選択します。


    <一部の請求先を取消の対象外とする場合>
    行セレクターを使用して、取消の対象外とする請求先を選択します。

    [行削除]をクリックして、「選択された請求先を一覧から削除します。よろしいですか?」のメッセージで[はい]をクリックすると、選択した請求先が一覧から削除されます。

    行削除を実行しても、請求先の締切情報は削除されません。
    請求先を誤って削除した場合は、[集計]をクリックすると、再度集計されます。
  • [締切取消]をクリックします。

    [締切取消]がグレーアウトしてクリックできない場合は、[請求締切の取消]と同時に使用できないメニューが開かれています。[請求締切の取消]以外の画面をすべて閉じた後に再度[集計]を行ってください。

  • 「表示されているすべての請求先の締切を取り消します。よろしいですか?」のメッセージが表示されます。 [はい]をクリックすると締切が取り消されます。

  • [請求締切の取消]では、前回の請求締切のみを取り消すことができます。
    複数回分の請求締切を取り消すには、前回の請求締切から順番にさかのぼって取り消す必要があります。
  • [請求締切の取消]を行っても、伝票が修正や削除できない場合は、 伝票の修正や削除ができない を参照してください。

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク