『弥生会計(やよいの青色申告) 19』へデータをコンバート(変換)する方法<弥生ドライブを使用している場合> 弥生会計 サポート情報

ID:ida24723

弥生ドライブから直接データを開いて使用されている場合に、最新バージョンの『弥生会計(やよいの青色申告)』へデータをコンバート(変換)する方法を説明します。
ここでは、弥生ドライブに保存している『弥生会計(やよいの青色申告) 18』のデータを『弥生会計(やよいの青色申告) 19』へコンバート(変換)する方法を説明します。

コンバート(変換)後のデータは『弥生会計(やよいの青色申告) 19』データとして新たに作成されます。コンバート(変換)前のデータが消去されたり、内容が変更されたりすることはありません。

  • 弥生ドライブを起動します。 弥生ドライブの起動
  • コンバート(変換)する事業所データにチェックを付けて[開く]をクリックします。
  • 弥生ドライブから開くことができるのは、『弥生会計 14』以降の事業所データファイルです。『弥生会計 13』以前のデータを開こうとした場合は、以下のメッセージが表示されます。

  • [新しいバージョンにコンバートして開く]を選択します。 [弥生会計 19]を選択して[開く]をクリックします。
  • [コンバートせずに開く]について

    コンピューターに選択したファイルのバージョン形式に対応する旧製品(ここでは『弥生会計(やよいの青色申告) 18』)がインストールされている場合は、[コンバートせずに開く]を選択することができます。
    [コンバートせずに開く]を選択すると、『弥生会計(やよいの青色申告) 18』が起動し、『弥生会計(やよいの青色申告) 19』へのコンバートは行いません。AEの場合は、『弥生会計 19』で旧バージョンのまま開きます。

  • 『弥生会計(やよいの青色申告) 19』が起動し、[事業所データの変換]画面が表示されます。
    [次へ]をクリックします。
  • [データの確認]画面が表示されます。 内容を確認して[次へ]をクリックします。
  • <法人データのみ>
    中間決算整理仕訳の入力作業を行うかどうかを選択します。
    既に、「中間決算整理仕訳を行う」の設定になっている場合は表示されません。
     
  • [保存先の設定]画面が表示されます。 [保存場所]が「弥生ドライブ」になっていることと、[事業所データ名]を確認して[次へ]をクリックします。
  • [設定内容の確認]画面が表示されます。設定内容を確認して、[開始]をクリックします。 設定内容を変更する場合は、[戻る]をクリックして変更する項目の画面まで戻ります。
  • 「データの変換が完了しました。」の画面が表示されたら[終了]をクリックします。 コンバートしたデータファイルが開きます。
    なお、弥生ドライブへのアップロードは、『弥生会計(やよいの青色申告)』を終了するタイミングで行われます。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク