消費税率変更に伴う、サポート料金の会計処理 サポート情報

ID:ida25307

2019年(令和1年)10月1日から、消費税率が10%に改正されます。
弥生株式会社のサポート契約をご契約いただいている場合のサポート料金について、 消費税改正時の処理方法を説明します。

事例

9月決算法人の弥生トレーディング社が、2019年10月~2020年9月までのサポート契約を結んだ場合
金額:33,000円(税込み)

基本的な処理

2019年9月下旬に現金支払い処理している場合:支払金額を前払費用として計上します。

消費税改正時のポイント

事例の場合、以下の仕訳のように翌期にサポート料金を10%で計上し、前期中に計上した前払費用を取り崩しています。


その他の処理

2019年9月下旬に現金支払いしている場合:支払金額の全額を雑費(消費税率8%)として計上します。 金額欄には、消費税込みの金額を入力します。

サポート契約は税法上、支払時に一括して費用計上している場合は支払時に適用される消費税率で計算した消費税額をもとにして消費税の申告をします。

消費税改正時のポイント

その他の処理を行っている場合でも、翌期にいったん計上した消費税額を取り消すことで、翌期において税率10%での税金計算で消費税の申告もできるようです。 事例の場合、例えば、以下の仕訳のように前期に計上した2019年10月以後分のサポート料金 (消費税率8%で計算)を翌期に取り消した後、10%で再計上する方法をとることができる見込みです。



2019年7月1日時点、前述の処理に関する細かな取り扱いを明らかにしたものは確認できていません。 記載した事例のほか、多様な会計処理が考えられるため、詳細については所轄の税務署や会計事務所に確認してください。

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク