2019年10月以降の取得日で消費税率8%の固定資産を登録する方法 弥生会計 オンライン サポート情報

ID:ida25824

2019年10月1日より消費税が10%へ引き上げられましたが、経過措置として施行日以後であっても旧税率(8%)が適用されることがあります。
詳細は、国税庁の「平成31年(2019年)10月1日以後に適用する消費税等に関する経過措置」を参照してください。

弥生会計 オンライン/やよいの青色申告 オンライン/やよいの白色申告 オンラインでは、2019年10月以降に取得した固定資産は、取得日で消費税率を自動判定するため、そのまま登録すると標準税率である消費税率10%で消費税額が計算されます。
消費税率8%で登録する場合は、固定資産の登録時に消費税率を「8%」に変更して登録してください。

ここでは消費税の設定を[経理方式(税込)]に設定した画面で説明しますが、[経理方式(税抜)]の場合でも同様の手順です。

本件、消費税の設定が「免税」の場合は影響しません。
免税の場合[税区分][税率]は表示されないため、これまでどおり取得金額を税込金額で入力します。


固定資産の登録には、2とおりの方法があります。どちらかの登録方法を選択してください。

[固定資産の登録]から新規登録する 取引の入力から固定資産を登録する

[固定資産の登録]から新規登録する

  • [高度なメニュー](弥生会計 オンラインの場合は[設定メニュー])から[固定資産の登録]をクリックします。 [固定資産の一覧]画面が表示されます。
  • [新規登録]をクリックして固定資産を登録します。 ここでは[取得日]を「2019年11月1日」に設定する例で説明します。
  • [基本情報]の項目を設定します。 [消費税率]の[▼]をクリックして[8%]を選択して[次へ]をクリックします。
  • [償却方法][償却情報]の設定を行い[次へ]をクリックします。
  • [最終確認]で[登録]をクリックします。 「固定資産データを新規登録しました。」のメッセージが表示されます。
    [元の画面に戻る]をクリックします。

    [固定資産の新規登録]画面から固定資産を登録すると、固定資産取得の仕訳も自動で登録されます。


取引の入力から固定資産を登録する

  • メインメニューから[かんたん取引入力]をクリックします。 ここでは、[取引日]を「2019年11月1日」に設定する例で説明します。
    建物の[税率]の[▼]をクリックし「8%」を選択して[登録]をクリックします。
    00025823_002
  • 「固定資産は償却方法や耐用年数を入力する必要があります。」のメッセージが表示されます。 [はい]をクリックします。
  • [固定資産の新規登録]が表示されます。[資産の種類]を設定して[次へ]をクリックします。
  • [基本情報]の項目を設定します。 [消費税率]が「8%」に設定されていることを確認して[次へ]をクリックします。
  • [償却方法][償却情報]の設定を行い[次へ]をクリックします。
  • [最終確認]で[登録]をクリックします。 「固定資産データを新規登録しました。」のメッセージが表示されます。
    [元の画面に戻る]をクリックします。

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク