欠勤控除や休業控除などの明細項目を作成したい やよいの給与明細 オンライン サポート情報

ID:ida25936

「課税額合計」から欠勤・休業控除額を引く場合は、支給欄に明細項目を追加して課税対象として設定します。
ここでは、「欠勤控除」を明細項目に追加して「課税額合計」から引く場合の設定手順をご説明します。

明細項目を追加した後、確定済みの明細書や作成中の明細書を修正する場合、以下のメッセージが表示されます。
内容をご確認のうえ、明細項目を追加してください。

[当時の設定のまま修正を行う]を選択した場合

現在の設定は反映せず、当時設定していた明細項目が明細書に表示されます。
現在の設定と異なるため、明細項目の自動計算は行われません。金額を手入力してください。

[現在の設定を反映し、明細書を作り直す]を選択した場合

当時の設定および明細書は破棄され、現在の設定を基に明細書を作成し直します。
支給日から1か月を経過している場合、明細項目の自動計算は行われません。金額を手入力してください。

  • [テンプレートと明細項目]画面で明細項目を追加します。
    • [設定メニュー]-[給与明細書の書式設定]をクリックします。
      [給与明細書の書式設定]画面が表示されます。
    • 「1-2.印字する明細項目を設定します」で、「支給」欄に「欠勤控除」などの項目を入力します。

      上記の画像は例として「欠勤控除」を設定しています。
    • 入力内容を確認し、画面下の[保存して次へ]をクリックします。
      [自動計算の設定]画面が表示されます。
  • [自動計算の設定]画面で明細項目の課税・非課税を設定します。 [テンプレートと明細項目]画面の[支給]欄に追加した「欠勤控除」などの項目について、課税・非課税を設定します。
    設定変更が必要ない場合も、以下の操作を行う必要があります。
    • [合計される項目を設定]をクリックします。

      [課税額合計・非課税額合計の設定]画面が表示されます。
    • 「欠勤控除」が「課税額に合計」に振り分けられていることを確認して、[保存]をクリックします。
    • [合計される項目を設定]の左に[済]アイコンが表示されていることを確認して、画面下の[完了]をクリックします。

欠勤控除を含む給与明細書の参考記入例

支給欄の明細項目には、マイナスの金額を入力することが可能です。

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク