新しいコンピューターに『弥生販売 21』を移行する方法(クライアントコンピューター(子機)) 弥生販売 サポート情報

ID:ida26048
『弥生販売』を新しいクライアントコンピューター(子機)へ移行する手順を説明します。
データを保存しているサーバーコンピューター(親機)も新しいコンピューターに移行する場合は、サーバーコンピューター(親機)の移行を先に行ってください。
サーバーコンピューター(親機)の移行手順は 新しいコンピューターに『弥生販売 21』を移行する方法(プロフェッショナル 2ユーザー/5ユーザー:サーバーコンピューター(親機)) を参照してください。

現在使用しているコンピューターのデータを新しいコンピューターに移行する際に「引越しソフトでの移行」や「ハードディスク自体の移行」を行うと、アプリケーションが正常に動作しなくなる可能性があるため、推奨していません。


現在使用中のコンピューターで行う作業

1.[お客様番号]と[弥生製品登録番号]をメモする
2.環境設定データの書き出し
3.[販売11形式]の帳票レイアウトデータのバックアップ
4.ライセンス認証の解除
5.プログラムのアンインストール(削除)

新しいコンピューターで行う作業

1.プログラムのインストール
2.ライセンス認証
3.事業所データを開く
4.[販売11形式]の帳票レイアウトデータの復元
5.環境設定データの取り込み
6.移行が正しく完了したことを確認する

現在使用中のコンピューターで行う作業

  • [お客様番号]と[弥生製品登録番号]をメモします。 デスクトップの弥生 マイポータルのアイコンをダブルクリックして[弥生 マイポータル]を起動します。
    [弥生販売]メニューの[サポートツール]-[バージョン情報]をクリックします。
    [お客様番号]と[弥生製品登録番号]をメモに取ります。
    ※これは、新しいコンピューターで[ライセンス認証]を行うときに必要になります。
  • 環境設定データの書き出しを行います。

    これまで使用していたコンピューターの設定内容を書き出します。

    新しいコンピューターに環境設定を移行する方法 (「1.現在使用中のコンピューターでの環境設定の書き出し」のみ行ってください。)
  • [販売11形式]の帳票レイアウトデータのバックアップを行います。

    自社で作成したオリジナル帳票のバックアップを保存します。

    帳票レイアウトデータを移行する方法

    帳票レイアウトデータのバックアップが必要ない場合

    [帳票レイアウタ]画面で、帳票形式が[販売11形式]と表示されていて、さらに[ユーザー帳票]欄に「○」が付いている書式がない場合、バックアップ操作は必要ありません。

  • ライセンス認証の解除を行います。

    現在使用中のコンピューターで、[ライセンス認証解除]を行います。

    ライセンス認証を解除する方法
  • プログラムのアンインストール(削除)を行います。

    必要に応じて、これまで使用していた『弥生販売』のプログラムをアンインストール(削除)します。
    現在使用中のコンピューターの『弥生販売』をアンインストール(削除)しなくても、新しいコンピューターにインストールできます。

    弥生製品のアンインストール(削除)方法

新しいコンピューターで行う作業

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク