弥生会計 22へデータをコンバート(変換)する方法(プロフェッショナル 2ユーザー/ネットワーク) 弥生会計 サポート情報

ID:ida26566

旧製品(弥生会計 15以降)で使用していた事業所データを弥生会計 22の形式にコンバート(変換)できます。

ここでは弥生会計 21の事業所データを弥生会計 22へコンバート(変換)する手順を説明します。
コンバート(変換)は弥生会計を使用しているコンピューターのうち、1台でのみ行います。それ以外のコンピューターでは必要ありません。

弥生会計 22をインストール後、初めて起動した場合

旧製品(弥生会計 15以降)がインストールされているコンピューターに弥生会計 22をインストールして起動すると、初回のみ旧製品で最後に開いていた事業所データをコンバート(変換)するかどうかの確認メッセージが表示されます。

コンバート後のデータについて

コンバート(変換)後のデータは弥生会計 22データとして新たに作成されます。コンバート(変換)前のデータが消去されたり、内容が変更されたりすることはありません。

分散入力用データについて

弥生会計 22に直接コンバート(変換)することはできないため、コンバート(変換)する前の旧製品で分散入力用データを元データにすべて取り込んでからコンバート(変換)します。コンバート(変換)後は、必要に応じて新たに分散入力用データを作成し直します。

バックアップファイルからは直接コンバート(変換)できません

旧製品で事業所データを復元してからコンバート(変換)します。
バックアップファイルの復元

コンバート(変換)したデータがスタンドアロン形式の場合には、警告メッセージが表示されます。

弥生会計 スタンダード/プロフェッショナルのデータはスタンドアロン形式です。コンバート(変換)後、データをマルチユーザー形式に変換する作業が必要です。
スタンドアロンデータを弥生会計 ネットワーク(プロフェッショナル 2ユーザー)で開く方法

  • すべてのプログラムを終了します。 (弥生会計の旧製品が起動しているとコンバート(変換)を実行できません。)
  • 弥生会計 22を起動します。 デスクトップの弥生 マイポータルのアイコンをダブルクリックして[弥生 マイポータル]を起動し、[ホーム]メニューの[使いはじめる]-[弥生会計]をクリックします。
  • クイックナビゲータの[スタート](または[事業所データ])カテゴリから[データの選択]をクリックします。 [事業所データの選択]画面が表示されます。
    バージョン コンバート(変換)前データの製品バージョンにチェックが入っていることを確認します。
    データ種別 スタンドアロン形式のデータをコンバート(変換)する場合のみ、コンバート(変換)前データの種類([事業所データ]または[バックアップデータ])を選択します。

    目的のデータが表示されない場合

    [参照先の設定]画面から参照先を追加します。

  • コンバート(変換)する事業所データを選択して[開く]をクリックします。
  • [事業所データの変換]画面が表示されたら[次へ]をクリックします。
  • [データの確認]画面で内容を確認して[次へ]をクリックします。
  • <法人データのみ>
    中間決算整理仕訳の入力作業を行うかどうかを選択します。 既に、「中間決算整理仕訳を行う」の設定になっている場合は表示されません。
  • データの保存場所(または[保存先サーバー])と事業所データ名を確認して[次へ]をクリックします。保存場所を変更する場合は[参照]をクリックして変更します。
  • [設定内容の確認]画面が表示されます。設定内容を確認して、[開始]をクリックします。 設定内容を変更する場合は、[戻る]をクリックして変更する項目の画面に戻ります。
  • 「データの変換が完了しました。」の画面が表示されます。
    コンバート(変換)を完了する場合は[終了]をクリックします。
    引き続き他の事業所データをコンバート(変換)する場合は、[継続]をクリックして、繰り返し操作を行います。

    「使用できない文字を含む科目名(部門名)を変更しました。」のメッセージが表示された場合

    名称にスペースやタブ文字が含まれている勘定科目や補助科目、部門がある場合、コンバート時に自動で削除を行います。
    [OK]をクリックすると、デスクトップに「科目名(部門名)変更ログ.txt」が作成されます。テキストファイルを開き、内容を確認して科目名または部門名を修正します。
    旧製品からのデータコンバート(変換)で「使用できない文字を含む科目名・部門名を変更しました。」のメッセージが表示される

    別のクライアントから事業所データを開く場合

    [ファイル]メニューの[開く]から[事業所データの選択]画面を開いて、コンバート後の事業所データを選択します。

    弥生会計 22をインストールしても、デスクトップにある旧製品のショートカットアイコンは削除されません

    コンバートが完了し旧製品での作業が不要な場合は、誤って旧製品に入力することを防ぐため、弥生会計 21のショートカットアイコンを削除することをお勧めします。

    削除する場合は、デスクトップの弥生会計 21アイコンを右クリックして[削除]を選択し、アクセス許可のメッセージが表示されたら「続行」をクリックします。

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク