売上額と入金額の消し込み 弥生販売 サポート情報

ID:ida22819

売上額と入金額を照合して未回収額を確認します。

  • 得意先元帳を集計します。

    [表示]で「伝票計」または「明細表」を選択して集計します。

    得意先元帳の集計
  • [売上額]または[入金額]の右側にある[消込]欄をクリックします。 クリックすると、「×」が表示されます。

    消し込みの状態により、[消込]欄には、次の記号が表示されます。

    記号 説明
    (空白) 消し込みがされていない場合は、何も表示されません。
    対象となる売上伝票の[消込状態]には、「未消込」と表示されます。
    既に消し込みされている場合に表示されます。
    対象となる売上伝票の[消込状態]には、「消込済」と表示されます。
    × 今回消し込みした伝票または明細に表示されます。
    対象となる売上伝票の[消込状態]には、「消込済」または「一部消込」と表示されます。
    「伝票計」で集計して消し込みした場合は、対象となる売上伝票の明細すべてが「*」になります。
    [表示]を[伝票計]で集計した場合に、売上伝票の明細の一部のみを消し込んだ伝票に対して表示されます。
    対象となる売上伝票の[消込状態]には、「一部消込」と表示されます。
    チェックした金額の合計、売上消込額と入金消込の差異が表示され、未回収額を確認することができます。

消し込みを行う単位

得意先元帳では、売上伝票単位および明細単位で消し込みを行います。
消し込みを請求書単位で一括して行う場合は、入金伝票で行います。

入金の消し込み

入金額の消し込みについて

入金額の[消込]欄のチェック「×」は保存されません。
今回消し込みをした売上額と入金額の差異を一時的に確認するために使用します。

伝票の[消込状態]について

伝票の[消込状態]には、その伝票の明細の消し込み状態が表示されます。

未消込 伝票全体が消し込まれていない状態です。
[表示]が「伝票計」の場合は、[消込]には何も表示されません。
一部消込 伝票の明細の一部が消し込まれた状態です。
[表示]が「伝票計」の場合は、[消込]には「△」が表示されます。
消込済

伝票全体が消し込まれた状態です。
[表示]が「伝票計」の場合は、[消込]には消し込みを行ったタイミングによってそれぞれ次のマークが表示されます。

  • 今回消し込みを行った場合
    「×」が表示されます。
  • 既に消し込みが行われている場合
    「*」が表示されます。


◆ 本文中の一部の機能は、スタンダードにはありません。詳細の確認はこちら

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク