一括バックアップツールでのバックアップ サポート情報

ID:ida23135

一括バックアップは任意に実行したり、自動バックアップを設定して、定期的にバックアップを自動実行することもできます。
なお、初めて一括バックアップツールを使用する場合は、バックアップ対象のインスタンスを事前に設定する必要があります。

サーバーの設定(一括バックアップツール)

一括バックアップをする前に、次のことを確認してください。

  • バックアップするサーバーの弥生製品は終了してください。
  • バックアップするサーバーのデータにアクセスしている弥生製品とそのコンバータを終了してください。
  • 一括バックアップの際には、空のディスクやフォルダーを用意して、保存先に指定してください。復元時には、フォルダー単位で復元できます。
  • バックアップ先には、バックアップファイルを保存できる十分な空き容量がある場所を指定してください。容量が足りない場合でも、分割してバックアップすることはできません。
  • [一括バックアップツール]を起動します。 デスクトップの弥生 マイポータルのアイコンをダブルクリックして[弥生 マイポータル]を起動します。[弥生会計(弥生販売)]メニューの[サポートツール]-[一括バックアップツール]をクリックします。
  • [バックアップ]タブを選択します。
  • [バックアップファイルの保存場所]にフォルダーを指定します。 [参照]ボタンをクリックすると、バックアップ先とするフォルダーを選択できます。

    [バックアップ元のサーバー]にはバックアップ元のインスタンスが表示されます。
    バックアップ元の変更は[サーバー設定]タブで行います。

    保存先はローカルのハードディスク内のフォルダー、またはUSBメモリなどの外部メディアを選択します。
    ネットワーク上のフォルダーを保存先に設定して、バックアップすることはできません。

  • 既存のバックアップファイルを履歴として、残す/残さないの設定をします。
    残す場合 [既に存在しているバックアップファイルを履歴として残す]にチェックを付け、履歴として残すファイル数を指定します。
    残さない場合 [既に存在しているバックアップファイルを履歴として残す]のチェックを外します。
    ※保存先のフォルダーにあるバックアップファイル(拡張子が「.YB2」のファイル)をすべて削除してから、バックアップファイルを新規保存します。
  • [実行]ボタンをクリックします。 バックアップが実行されます。
  • バックアップの終了メッセージが表示されたら[OK]ボタンをクリックします。

バックアップファイル名

一括バックアップにより作成されたバックアップファイルの名前は、下図のように「製品識別子」+「事業所データ名」+「.YB2(拡張子)」になります。

バックアップファイル名を変更したいときは、「事業所データ名」部分を変更してください。「製品識別子」と「.YB2(拡張子)」は変更しないでください。変更するとバックアップファイルを読み込む際に製品を識別できなくなります。
製品識別子は製品により異なります。
弥生会計の製品識別子は「$_KD**_」
弥生販売の製品識別子は「$_HN**_」
製品識別子の「**」には製品のバージョン名が入ります。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク