昇給差額の計算(直接入力) 弥生給与 サポート情報

ID:ida24673

本来の昇給月が4月度で、実際に昇給したのが5月度の場合を例に昇給差額の手計算の方法を説明します。
昇給差額は変更後(昇給後)の支給単価を使用して4月度の支給合計を計算し、変更前(昇給前)の支給単価で計算された支給合計と比較して求めます。

[昇給差額遡及支払]で昇給差額を自動計算することもできます(『弥生給与』のみ)。

昇給差額の計算(昇給差額遡及支払)

計算順序は次のとおりです。

  • 明細項目ごとに金額を計算
    支給項目の属性 計算方法
    変動項目 4月度の金額をそのまま使用
    固定金額項目 変動後の金額(5月度の金額)を使用
    単価×倍率 単価は変動後の金額(5月度の金額)を使用
    単価×日数(時間、回数)×倍率 単価は変動後の金額(5月度の金額)を使用
    勤怠は4月度の勤怠項目の値を使用
  • 1で求めた明細項目ごとの金額を合算して4月度の支給合計を計算
  • 2で求めた金額と実際の4月度の支給合計を比較して昇給差額を計算

昇給差額を試算する方法

4月度の勤怠と変動支給項目の金額を5月度の給与明細書に入力して支給合計を計算し、4月度の支給合計を差し引けば昇給差額が計算できます。

昇給差額の入力

本来の昇給月(給与規定で設定した昇給月)にさかのぼって、昇給による差額を手計算し、差額を給与明細に直接手入力します。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク