軽減税率対象品目の登録 やよいの見積・納品・請求書 サポート情報

ID:ida25385

『やよいの見積・納品・請求書』で軽減税率の対象商品を登録するには、商品台帳の[課税区分]で「課税(軽)」を設定します。
商品台帳の[課税区分]で「課税(軽)」を設定しておくと、帳票日付に応じて帳票入力時の課税区分(消費税率)を自動で選択して、消費税を計算します。
帳票入力時に選択される課税区分(消費税率)は、以下の表のとおりです。

商品台帳の課税区分の設定 2019年9月30日まで 2019年10月1日以降
課税 課税 8.0% 課税 10.0%
課税(軽) 課税 8.0% 課税(軽)8.0%
  • 1つの商品で2つの課税区分(消費税率)を使用する場合、商品台帳の課税区分は1つしか選択できないため、商品台帳にはどちらか一方の課税区分を登録します。
    納品書・請求書など帳票入力時に、商品台帳に登録した課税区分(消費税率)以外を使用したい場合は、明細ごとに課税区分を変更してください
  • 商品台帳の[課税区分]を変更しても、登録済みの帳票の課税区分(消費税率)は変更されません。
  • 軽減税率に対応した課税区分「課税(軽)」が商品台帳で登録できるのは、『やよいの見積・納品・請求書 17 Ver.17.1.1』以降になります。

既に登録されている商品台帳の課税区分は、以下のいずれかの方法で変更します。

商品台帳で変更する

  • [メニュー]タブの[得意先・商品・設定]カテゴリをクリックします。
  • [商品台帳]をクリックします。
  • 課税区分を修正したい商品の[課税区分]欄をクリックして、「課税(軽)」へ変更します。

商品台帳の書き出し(エクスポート)、インポートで変更する

商品台帳をCSVエクスポート、修正した内容を既存の台帳へインポートすることで台帳の内容を一括で変更できます。
商品台帳の書き出し(エクスポート)、インポートで[課税区分]を一括で変更する手順は、以下を参考にして行ってください。

得意先(商品)データのエクスポート 台帳データのインポート

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク