【徹底解説!】今年は「配偶者控除等申告書」がカギ! 弥生給与 サポート情報

ID:idc1001

平成29年度税制改正により、平成30年1月から配偶者控除および配偶者特別控除の見直しが行われました。これに伴い、年末調整時に配布、回収する申告書の様式が変更され、配偶者(特別)控除の適用を受けるには「給与所得者の配偶者控除等申告書」の提出が必要になりました。

今回は、「給与所得者の配偶者控除等申告書」を中心に、申告書の記載ポイントや参考情報をご案内します。年末調整をスムーズに進めるために、ぜひ参照してください。

「給与所得者の配偶者控除等申告書」の記載例は、国税庁のホームページでも公開されています。あわせてご参照ください。

給与所得者の配偶者控除等申告書の記載例

まずは、「配偶者(特別)控除」をおさらいしよう

法令改正のあった配偶者(特別)控除についておさらいし、申告書の記載や年末調整の計算に備えましょう。

<配偶者控除>

  • 控除額が改正されました
  • 給与所得者の合計所得金額が1,000万円を超える場合には、配偶者控除の適用を受けることができません(改正前:給与所得者の合計所得金額は制限無し)
  • 配偶者の合計所得金額が38万円を超える場合には、配偶者控除の適用を受けることができません(従来とおり)

控除額は、次の表のとおりです。
なお、配偶者が障害者の場合には、配偶者控除のほかに障害者控除27万円(特別障害者の場合は40万円、同居特別障害者の場合は75万円)が控除できます。

給与所得者の合計所得金額配偶者控除額
一般の控除対象配偶者老人控除対象配偶者(※)
900万円以下38万円48万円
900万円超950万円以下26万円32万円
950万円超1,000万円以下13万円16万円
※老人控除対象配偶者とは、控除対象配偶者のうち、その年の12月31日現在の年齢が70歳以上の人をいいます。
参考:国税庁ホームページ 配偶者控除

<配偶者特別控除>

  • 特別控除額が改正されました。また、給与所得者の合計所得金額によって控除額が変動します
  • 給与所得者の合計所得金額が1,000万円を超える場合には、配偶者特別控除の適用を受けることができません(従来とおり)
  • 配偶者特別控除の対象となる配偶者の合計所得金額が、38万円超123万円以下に変更されました(改正前:配偶者の合計所得金額は38万円超76万円未満)

控除額は、次の表のとおりです。

 給与所得者の合計所得金額
900万円以下900万円超
950万円以下
950万円超
1,000万円以下
配偶者の合計所得金額38万円超85万円以下38万円26万円13万円
85万円超90万円以下36万円24万円12万円
90万円超95万円以下31万円21万円11万円
95万円超100万円以下26万円18万円9万円
100万円超105万円以下21万円14万円7万円
105万円超110万円以下16万円11万円6万円
110万円超115万円以下11万円8万円4万円
115万円超120万円以下6万円4万円2万円
120万円超123万円以下3万円2万円1万円
参考:国税庁ホームページ 配偶者特別控除

「配偶者控除等申告書」の記載ポイントを徹底解説!

「給与所得者の配偶者控除等申告書」は、所得金額の見積額を従業員自身が計算して記載します。
まずは下記手順1、従業員本人の「給与所得の収入金額」を記載するところから始めましょう。記載のポイントをまとめましたので、参照してください。従業員に申告書を配布する際には、記載すべき点や計算方法をしっかり説明して、ヌケ・モレなく正確に申告書を記載してもらいましょう!


  • 給与所得の収入金額を記載します。給与明細書や、昨年の源泉徴収票などを参考にして、本年の給与所得を見積もって記載します。
  • 収入金額から、所得金額を計算して記載します。給与所得の所得金額の計算方法は、申告書の裏面「3 所得の区分」に詳しく記載されていますので、参考にして計算してください。 計算した所得金額は、「(1)~(7)の合計額」欄にも記載します。
     
  • 合計所得金額の見積額から、「区分Ⅰ」を判定します。合計所得金額が1,000万円を超える場合は、配偶者控除および配偶者特別控除の適用を受けることはできません。
  • 配偶者も同様に計算し、「区分Ⅱ」を判定します。
  • 手順3、4で求めた区分を表に当てはめて、控除額を記載します。

計算方法や、記載する内容に不明点がある場合は、今のうちに最寄りの税務署などに確認しておきましょう。

『弥生給与(やよいの給与計算)』への入力は、もう始めてください

従業員から申告書を回収したら、どんどん『弥生給与(やよいの給与計算) 19』に入力しましょう!
入力手順の詳細は、以下のFAQを参照してください。

扶養控除等申告書を入力する 保険料控除申告書<該当者のみ>を入力する 配偶者控除等申告書<該当者のみ>を入力する 住宅ローン控除等申告書<該当者のみ>を入力する 前職の情報を確認する<中途入社の従業員のみ>

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク