法人の減価償却資産の償却方法の届出について 弥生会計 オンライン サポート情報

ID:ida1443

減価償却資産の償却方法は資産ごとに決められています。これを「法定償却方法」といい、法人の場合、例えばパソコンなどの器具備品は「定率法」、パソコンで使うソフトウェアや建物は「定額法」で計算することになっています。

法人が新たに取得した資産について、法定償却方法以外で減価償却計算を行う場合は、「減価償却資産の償却方法の届出書」を所轄の税務署に提出します。減価償却の計算を法定償却方法に基づいて行う場合、届け出る必要はありません。

「減価償却資産の償却方法の届出書」の提出期限は、状況によって異なります。例えば、普通法人を新規に設立した場合は、原則として設立第1期の確定申告書の提出期限までです。これに対し、設立済みの法人が新たな種類の減価償却資産を取得した場合は、取得日が属する事業年度の確定申告書の提出期限までです。

詳細は、国税庁ホームページの減価償却資産の償却方法の届出 を参照してください。

既に選定している減価償却資産の償却方法を変更する手続きは、国税庁ホームページの減価償却資産の償却方法の変更の承認の申請 を参照してください。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク