消費税(個人・法人)
控除対象外消費税額等がある場合の処理 (課税売上割合が80%未満の場合は注意が必要)

ID:ida1014
税抜処理をしている場合で、課税売上割合が100%でない場合は原則、仕入れに係る消費税額は全額を控除することができません。
この控除できなかった消費税額を、「控除対象外消費税額等」といいます。
「控除対象外消費税額等」は、課税売上割合の状況などで取り扱いが異なります。

【取り扱い】
 経理方式   課税売上割合  取扱い 
 税込経理    -                -
 税抜経理 95%以上 全額課税売上に係る消費税として取り扱うため、
控除対象外消費税額等は生じない(※)
80%以上  控除対象外消費税額等の全額が損金となる
(特別な処理不要)  
80%未満


 
 経費に係る控除対象外消費税額等 損金となるため
特別な処理不要 
 棚卸資産に係る控除対象外消費税額等
 固定資産などに係る
控除対象外消費税額等
1つの資産に係る 
控除対象外消費税額等
が20万円未満
1つの資産に係る 
控除対象外消費税額等
が20万円以上
繰延消費税額等
※課税期間中の課税売上高が5億円超の場合は、課税売上割合が95%以上の場合でも、
  控除対象外消費税額等は生じますが、全額が損金になります。

●繰延消費税額等

下記の3つの用件を満たす場合は、控除対象外消費税額等を「繰延消費税額等」として資産計上し、
5年で償却します。
1.その年の課税売上割合が80%未満であること
2.固定資産等の購入などがあること
3.その資産に係る消費税額が20万円以上であること
※取得年度の償却においては、償却額のうち50%までしか経費として認められません。

※資産以外の控除対象外消費税額等の場合は、全額経費にすることができます。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク