決算・申告、業務の流れ(法人)
設立にかかった費用はどのように帳簿付けしたらよいですか?

ID:ida1081

設立のために支払った費用は、設立前のものでも経費にすることができます。
一般的には、繰延資産の「創立費」で処理し、決算時に償却費として経費にします。

【例】
設立日4月1日 設立前の3月1日に会社の印鑑を20,000円で現金を支払って購入した

【仕訳】
・4月1日の仕訳
 借方勘定科目  借方金額  貸方勘定科目  貸方金額  摘要 
 創立費 20,000円  現金  20,000円 3月1日 印鑑代 

※設立前に支払った場合、設立日の日付で仕訳します。
  摘要欄に実際に支払った日付を記載します。

※会計上では、5年以内に償却(月割償却)をします。
 税法上では、創立費の償却方法は任意償却です。0円から創立費の全額まで任意の金額を
 任意の時期に償却します。

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク