消費税(個人・法人)
自分の会社の売上は簡易課税の第何種に該当しますか?

ID:ida1100

一般的に卸売業であれば第一種、小売業であれば第二種、製造業、建設業等であれば第三種、飲食店業、保険代理店業であれば第四種事業、不動産賃貸業、医業、その他サービス業であれば第五種事業です。
なお、これらの事業区分は該当する業種に属する事業を営んでいる場合でも、売上の内容に応じて判断基準が異なりますので、詳しくは顧問税理士またはお近くの税務署にご確認ください。

事業区分   該当する事業
 第一種事業  卸売業
 第二種事業  小売業
 第三種事業

 農業、林業、漁業、鉱業、建設業、製造業(製造小売業を含む)、

電気業、ガス業、熱供給業及び水道業
 第四種事業

 第一種事業、第二種事業、第三種事業及び第五種事業以外の事業

主に飲食店業、金融・保険業
 第五種事業

 不動産業、運輸通信業、サービス業

(飲食店業に該当する事業を除く) 

※消費税法改正により期首日が2015年(平成27年)4月以降は、金融業及び保険業が、第四種事業から第五種事業へ、不動産業が、第五種事業から新たに設けられた第六種事業へ変更です。

 


メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク