決算・申告、業務の流れ(法人)
赤字は何年繰り越せますか?

ID:ida1307

■個人事業主の場合(純損失の繰越控除)

青色申告をしている個人事業主は、その年に生じた損失(赤字)を翌年以後3年間繰り越せます。

白色申告をしている個人事業主は、変動所得(著作権使用料などの毎年の収入に大きく変動がある所得)の損失、および被災した事業用資産の損失のみを青色申告している個人事業主と同様の3年間繰り越せます。

■法人の場合(欠損金の繰越控除)

青色申告の場合、欠損金(赤字)が生じた年(事業年度)の翌年度以降、欠損金を繰り越すことができます。
繰り越すことができる期間は、平成20年4月1日前に終了した事業年度で生じた欠損金は7年間、それ以降に終了した事業年度で生じた欠損金は9年間になります。

※平成27年の税制の改正により、青色申告書を提出した事業年度の欠損金の繰越期間、青色申告書を提出しなかった事業年度の災害による損失金の繰越期間は、10年(現行9年)に延長されます。
上記の改正は、平成29年4月1日以後に開始する事業年度において生じた欠損金について適用されます。

白色申告の場合、災害損失欠損金のみ繰り越せます。
繰り越すことができる期間は、平成20年4月1日前に終了した事業年度で生じた欠損金は7年間、それ以降に終了した事業年度で生じた欠損金は9年間になります。

※なお個人事業主、法人ともに赤字を繰り越す場合は、以下の要件を満たす必要があります。

  • 赤字の生じた年(事業年度)から控除を受ける年(事業年度)まで、赤字の金額などを記載した書類(所得税確定申告書 第四表(損失申告用)や法人税別表七など)を付けた申告書を連続して提出していること

詳細は、青色申告書を提出した事業年度の欠損金の繰越控除(国税庁)を参照してください。


メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク