労務相談
海外勤務(海外出張)をした従業員の年末調整はどのように行えばよいのでしょうか?

ID:ida13805
年末調整を行う行わないの判断は、海外勤務の年数が基準となります。
日本法人の海外支店などに1年以上の予定で勤務する場合、所得税法上の「非居住者」になります。反対に、海外での勤務期間(予定)が1年未満の場合は、「居住者」となります。

  • 「居住者」に該当する場合(海外の勤務期間が1年未満)
    年末調整を行う必要があります。
  • 「非居住者」に該当する場合(年間を通じて海外で勤務)
    年末調整を行う必要はありません。
  • 年の途中で出国した場合
    出国する日までに確定した収入は、出国するまでに年末調整が必要となり、社会保険料や生命保険料などの控除は、出国する日までに支払われた金額が控除対象となります。ただし、出国時の状況で判断を行う点に注意が必要です。
  • 年の途中で日本に帰国した場合
    帰国日以後に、海外勤務期間が含まれる支給があった場合は、その金額も含めて日本の所得税および復興特別所得税の源泉徴収対象となります。「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出し、帰国日から年末までの給与等の総額で年末調整を行います。
    所得控除金額(社会保険料控除、小規模企業共済等掛金控除、生命保険料控など)は、帰国後に支払った保険料や掛金が対象となり、扶養控除の対象条件は、国内で勤務する従業員と同じになります。

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク