消費税(個人・法人)
建設工事を行っています。工事完成までに手付金や中間金の入金がありました。この入金時に消費税区分を「課税売上」にして帳簿付けしてもよいですか?

ID:ida1460

建設工事を行っている場合、手付金や中間金は、入金時ではなく売上を計上したときに
「課税売上」として帳簿付けします。

建設工事の売上の計上基準は工事完成基準と工事進行基準の2つがあります。
工事完成基準・・・ 工事が完成し、引き渡しがあった時点で売上に計上します。
工事進行基準・・・ 工事の進捗度に応じて売上に計上します。
どちらの処理方法でも入金時に「課税売上」で処理することはありません。
※工事進行基準では、工事が完成し、引き渡しがあった時点で売上に計上する方法も
 認められています。

・工事完成基準

【例】
手付金500万円 中間金1,000万円をそれぞれ普通預金に受け取り、工事が完成し引き渡しと同時に
残金1,800万円を普通預金に受け取った(工事代金総額3,300万円) 
消費税は税込経理を採用している

【仕訳】
・手付金の受け取り時
借方勘定科目  借方金額  貸方勘定科目  貸方金額  摘要 
普通預金   5,000,000円  未成工事受入金
(対象外)
 5,000,000円 手付金の受け取り 

・中間金の受け取り時
借方勘定科目  借方金額  貸方勘定科目  貸方金額  摘要 
普通預金   10,000,000円 未成工事受入金
(対象外) 
10,000,000円  中間金の受け取り 

・工事が完成し、引き渡したとき
借方勘定科目  借方金額  貸方勘定科目  貸方金額  摘要 
未成工事受入金
(対象外) 
 15,000,000円  完成工事高
(課税売上)
33,000,000円  手付金・中間金
/工事完成高 
普通預金  18,000,000円     残金の受け取り 

・工事進行基準
【例】
手付金500万円 中間金1,000万円をそれぞれ受け取った。決算時には進捗度40%だった。
翌期になって工事が完成し、引き渡しと同時に残金1,800万円を普通預金に受け取った(工事代金総額3,300万円)
消費税は税込経理を採用している

【仕訳】
・手付金の受け取り時
借方勘定科目  借方金額  貸方勘定科目  貸方金額  摘要 
普通預金  5,000,000円  未成工事受入金
(対象外)
5,000,000円 手付金の受け取り 

・中間金の受け取り時
借方勘定科目  借方金額  貸方勘定科目  貸方金額  摘要 
普通預金  10,000,000円  未成工事受入金
(対象外) 
10,000,000円  中間金の受け取り 

・決算時
売上高:工事代金総額3,300万円×進捗度40%=1,320万円
借方勘定科目  借方金額  貸方勘定科目  貸方金額  摘要 
未成工事受入金
(対象外) 
13,200,000円  完成工事高
(課税売上) 
13,200,000円  売上高(進捗度40%) 

・工事が完成し、引き渡したとき
 借方勘定科目  借方金額  貸方勘定科目  貸方金額  摘要 
未成工事受入金
(対象外) 
1,800,000円  完成工事高
(課税売上) 
19,800,000円  前期分残り
/工事完成高 
 普通預金 18,000,000円      残金の受け取り 

※勘定科目の下の括弧書きは、消費税区分です。

※「完成工事高」を使わず「売上高」で処理しても問題ありません。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク