決算・申告、業務の流れ(法人)
商品を輸入で仕入れしたときの仕訳

ID:ida1519
商品を輸入で仕入れしたときの仕訳は、商品本体の仕訳と税関に支払った消費税の仕訳と
2つの仕訳が必要です。
一般的な輸入の流れと仕訳を説明します。

【一般的な輸入の流れ】
①商品の注文、支払い
②相手先からインボイスが送付
③商品が日本へ到着
④税関に輸入申告をし、関税や消費税を納税
⑤輸入許可通知書が発行され、商品の引き取り
※一般的に、輸入代行業者に依頼している場合は、②から⑤までは輸入代行業者が行い、後日
 輸入許可通知書(または輸入(引取)申告書)とインボイスが届きます。
 輸入代行業者からの請求書もしくは輸入許可通知書に税金の種類、税額が記載されています。


【例】
商品を海外から購入し、後日代金200,000円を普通預金から支払った

【仕訳】
・商品購入時
 借方勘定科目  借方金額  貸方勘定科目  貸方金額  摘要 
仕入高  200,000円  買掛金  200,000円  輸入商品の購入 

・代金支払時
 借方勘定科目  借方金額  貸方勘定科目  貸方金額  摘要 
買掛金  200,000円  普通預金  200,000円  商品代金の支払い 

【例】
後日、輸入代行業者から請求書と輸入許可通知書、インボイスが届いた
代行手数料50,000円、輸入消費税(国税)18,900円、輸入消費税(地方消費税)5,100円、
関税10,000円 合計84,000円を普通預金から支払った

【仕訳】
 借方勘定科目  借方金額  貸方勘定科目  貸方金額  摘要 
支払手数料
または仕入高 
50,000円  普通預金  84,000円  代行手数料 
仕入高または
仮払消費税等
18,900円      輸入消費税(国税)
仕入高または
仮払消費税等 
 5,100円     輸入消費税(地方消費税) 
仕入高 10,000円     関税 

※輸入消費税(国税)、輸入消費税(地方消費税) は消費税の免税事業者または課税事業者で税込経理
  の場合は「仕入高」で、課税事業者で税抜経理の場合は「仮払消費税等」で仕訳します。
※輸入消費税(国税)と輸入消費税(地方消費税)は分けて仕訳する必要があります。
※輸入代行業者からの請求書に税金の種類の明細が記載されていない場合は、輸入許可通知書を
 確認してください。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク