確定申告、業務の流れ(個人)
現金が入ってきたときの仕訳

ID:ida15814

「現金」は資産の科目です。
資産の科目が増えたときは、必ず「借方」に記載します。
そのため「現金」が売上の入金や預金からの引き出しなどで増えたときは借方に記載します。

■現金が増えたときの仕訳のかたち
 借方勘定科目  借方金額  貸方勘定科目  貸方金額  摘要 
現金       ○○円 ****    ○○円  

貸方は現金が増えた原因を記載します。

【例】
商品50,000円を販売して現金を受け取った

【仕訳】
借方勘定科目  借方金額  貸方勘定科目  貸方金額  摘要 
現金   50,000円   売上高 50,000円  商品販売 
※現金が増えたので「借方」に記載します。
 「貸方勘定科目」は、現金が増えた原因の「売上高」を記載します。

【例】
普通預金から現金30,000円を引き出した

【仕訳】
 借方勘定科目   借方金額  貸方勘定科目  貸方金額  摘要 
 現金  30,000円  普通預金  30,000円 現金引き出し 
※現金が増えたので「借方」に記載します。
  「貸方勘定科目」は、現金が増えた原因の「普通預金」を記載します。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク