決算・申告、業務の流れ(法人)
期末に未払法人税等の仕訳は必要ですか?

ID:ida1610
法人税や住民税はその年度に対応するものですので、一般的には、期末に未払法人税等の仕訳が必要です。
期末に未払法人税等の仕訳を計上する流れは次のとおりです。

【未払法人税等の計上の流れ】

1.決算で棚卸しや減価償却費の計算を行い、損益を確定します
2.確定した損益(税引前当期純損益)で法人税等を計算します
3.上記2番で計算した法人税等の金額を用い、未払法人税等の仕訳を入力します

【例】
税引前当期純損益をもとに計算した法人税等の金額は、150,000円だった

【仕訳】
・決算日の仕訳
借方勘定科目  借方金額  貸方勘定科目  貸方金額  適用 
法人税、住民税及び事業税  150,000円  未払法人税等  150,000円  確定法人税等 

4.未払法人税等の仕訳を入力した後の損益((税引後)当期純損益)が確定します
   確定申告書や決算報告書などを作成し、申告します

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク