労務相談
長時間労働の上限規制の罰則とはどのような場合が対象となるのでしょうか?

ID:ida24923

罰則の対象

  • 単月で時間外労働+休日労働の合計時間が100時間を超えた場合
  • 6か月の平均で時間外労働+休日労働の合計時間が80時間を超えた場合
  • 月45時間を超える月数が6か月(6回)を越えた場合

罰則内容

6か月以下の懲役
または30万円以下の罰金

なお、長時間労働の上限規制の制度については、 長時間労働の上限規制とは、どのような規制が行われるのでしょうか? に記載していますので、併せて確認してください。

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク