労務相談
法定の労働時間を越えて労働させる場合や、法定の休日に労働させる場合に、何か届け出が必要なのでしょうか?

ID:ida24925

法定の労働時間を超えて労働させる場合や法定の休日に労働させる場合には、36協定届を労働基準監督署に届け出る必要があります。
(従業員が1人の場合でも届け出が必要になりますのでご注意ください)

この36協定届ですが、2019年4月に施行される労働基準法の改正で書式が変更されます。
最新の36協定届は、所轄の労働基準監督署にて入手可能です。

なお、記載例を以下より確認できますので、併せて参照してください。

出典:36協定届の記載例(一般条項)|厚生労働省
出典:36協定届の記載例(特別条項)|厚生労働省

特別条項とは「臨時的に限度時間を超えて時間外労働を行わなければならない特別の事情が予想される場合に特別条項付き協定を結べば、 限度時間を超える時間を延長時間とすることができる」というものです。

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク