労務相談
年次有給休暇の5日取得義務の罰則とは、どのような場合が対象となるのでしょうか?

ID:ida24932

罰則の対象

事業所は年間で最低5日、労働者に年次有給休暇を取得させることが義務付けられますが、取得させなかった場合は罰則の対象になります。

罰則内容

30万円以下の罰金

なお、年次有給休暇の5日取得義務の制度については、 年次有給休暇の5日取得義務とは、どのような場合に適用しないといけないのでしょうか? も併せて確認してください。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク