労務相談
フレックスタイムはどのような職種に適しているのでしょうか?

ID:ida24935

フレックスタイム制度の導入に適している職種

個人での業務や専門技術的な業務が中心となっている職種は、フレックスタイム制を導入するのに適しています。
そのため、企画職、事務職、エンジニア職、研究職、設計業務、デザイナーなど、本人の裁量で業務効率が上がるように働いたほうが、成果が出やすい仕事に適しています。

フレックスタイム制度の導入に適していない職種

個人だけの業務ではなく、連携する人や事業所が増えるほど、フレックスタイム制を導入するのは難しくなってきます。
そのため、営業職など他の部署や相手先との連携が多い職種は導入に適していないかもしれません。

例えば、複数人でチームを組んでプロジェクトに取りかかる場合に、そのチームの中で誰かが朝、他の誰かが夜に出社してしまうと、仕事の進むペースは下がってしまいますのでご注意ください。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク