確定申告、業務の流れ(個人)
軽減税率制度実施に伴う社内システムの改修費用の仕訳は?

ID:ida25360

消費税法改正による軽減税率制度の実施に伴い、自社の固定資産であるPOSレジシステムや商品の受注システム、経理システムのプログラムの改修を行った場合、かかった費用を「修繕費」として費用計上することができます。

ただし、各システムのプログラム改修が、消費税法改正による軽減税率制度の実施に対してなされているものであり、作業指図書等で明確にされていることが条件となります。

プログラムの改修が、ソフトウェアの機能追加、機能向上等に該当する場合は、その改修に要した費用は資本的支出として取り扱われることとなります。

「修繕費」として費用計上する場合は、以下のように仕訳します。


【例】

軽減税率制度実施に伴い、自社の固定資産であるPOSレジシステムのプログラム改修をした

【仕訳】

借方勘定科目 借方金額 貸方勘定科目 貸方金額 摘要
修繕費 320,000円 現金 320,000円 POSレジシステムのプログラム改修

プログラムの改修にかかった費用について、費用計上するか資本的支出にするかについては、他にも細かな判断基準があるため、判断ができない場合は税理士もしくは所轄税務署へお問い合わせください。


なお、資本的支出として処理する方法は、以下を参照ください。

軽減税率対策補助金を受け取り、固定資産を取得または改良した仕訳(固定資産の取得価格から軽減税率対策補助金額を差し引く場合)
軽減税率対策補助金を受け取り、固定資産を取得または改良した仕訳(固定資産の取得価格から軽減税率対策補助金額を差し引かない場合)

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク