確定申告、業務の流れ(個人)
所有権移転外ファイナンス・リース契約(残価保証額あり)の仕訳(処理)方法

ID:ida25589

所有権移転外ファイナンス・リース契約の場合は固定資産を購入した仕訳をします。

【例】
リース契約総額が750,000円(利息含む)の契約を行い、コピー機の引き渡しが行われた。
リース契約は所有権移転外のファイナンス・リース契約であり、残価保証額が250,000円ある。

【仕訳】
借方勘定科目借方金額貸方勘定科目貸方金額摘要
工具器具備品 500,000円未払金750,000円コピー機リース代金
工具器具備品250,000円コピー機残価保証額

※残価保証額は非課税取引です。
※中小企業の会計処理基準では「リース債務」という科目が用いられますが、「未払金」で処理しても差し支えありません。


【例】
リース料が引き落とされた

【仕訳】
借方勘定科目借方金額貸方勘定科目貸方金額摘要
未払金23,000円普通預金23,000円リース料支払い

契約書にリース契約金額とリース手数料の金額が明記されていて、毎月のお支払い金額においてリース代金とリース手数料の内訳が分かる場合は、以下の方法で仕訳をすることができます。

【例】
リース契約総額が750,000円(内利息30,000円)の契約を行い、コピー機の引き渡しが行われた。
リース契約は所有権移転外のファイナンス・リース契約であり、残価保証額が250,000円ある。

【仕訳】
借方勘定科目借方金額貸方勘定科目貸方金額摘要
工具器具備品 470,000円未払金720,000円コピー機リース代金
工具器具備品250,000円コピー機残価保証額

【例】
リース料(元金20,000円、利息3,000円)が引き落とされた

【仕訳】
借方勘定科目借方金額貸方勘定科目貸方金額摘要
未払金20,000円普通預金23,000円コピー機リース代
支払利息(利子割引料)3,000円リース手数料

なお、残価保証額が設定された契約であるため、リース期間終了時点で以下の仕訳をします。

【例】
リース期間が終了し、コピー機を返還した
帳簿価格は残価保証額の250,000円だった

【仕訳】
借方勘定科目借方金額貸方勘定科目貸方金額摘要
未払金250,000円工具器具備品250,000円コピー機返還

※残価保証額は非課税取引です


【例】
リース元が返還したコピー機を第三者へ200,000円で売却した
残価保証額の250,000円との差額50,000円を普通預金から支払った
※リース資産の売却価格が残価保証額より低いときは、その差額を支払います

【仕訳】
借方勘定科目借方金額貸方勘定科目貸方金額摘要
リース料50,000円普通預金50,000円残価不足額の支払い

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク