決算・申告、業務の流れ(法人)
償却資産税は法人税申告等に提出する固定資産状況の書類と一致させる必要がありますか?

ID:ida653

償却資産税は、対象資産の範囲が定められており、必ずしも法人税申告等に提出する固定資産台帳に記載すべき資産と一致するわけではありません。

具体的には、土地や建物といった不動産や車両、法人税等の申告で一括償却資産とした取得価額10万円以上20万円未満の資産は対象となりません。
また、法人税の計算で「中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例」により、取得価額30万円未満の資産を費用計上した場合であっても、この対象となった少額減価償却資産は償却資産税の対象資産に含まれます。

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク