確定申告、業務の流れ(個人)
棚卸はどこまでしないといけないですか?文房具や消耗品費もするのですか?

ID:ida661

棚卸を行うのは、販売を目的として保有している商品・製品・半製品・仕掛品などです。また、販売活動や管理活動などのために所有する財貨(商品券など)も含まれます。


原則的には、すべての在庫について行わなければなりませんが、使いかけの材料など重要性が乏しいものについては、省略しても差し支えありません。
また、文房具などの消耗品でストックされているものについても「貯蔵品」勘定を用いて棚卸計上しなければなりませんが、少額な場合など重要性が乏しい場合には在庫と同様に省略しても差し支えありません。

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク