確定申告、業務の流れ(個人)
棚卸の単価計算方法にはどのようなものがあり、どれを採用したらよいですか?

ID:ida662

先入先出法、後入先出法、総平均法などの方法がありますが、税務上、計算方法の選定をしていない場合には最終仕入原価法によることとしています。


これは、期末日以前の最後に行った仕入の単価を元に期末棚卸金額を計算する方法です。
他の方法は棚卸資産を帳簿で管理できている場合に用いることができる方法なので、帳簿での管理が難しい場合には最終仕入原価法を用いることにより、実地棚卸だけで計算ができます。

メールでのお問い合わせ

操作や製品購入、バージョンアップ、各種サポート・サービス等のご質問について、
メールでお問い合わせください。

お問い合わせ

お客さまの疑問は解決しましたか?

<サポートページの改善に利用するため、ご意見・ご要望をお聞かせください>




ご意見・ご要望は、サポートページの改善に利用させていただきます。
個人情報(氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど)は入力しないでください。
入力いただいた内容について個別の返信はできかねますのでご了承ください。

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク

弥生会計

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー ネットワーク AE

弥生販売

ご覧になりたい製品のグレードをクリックしてください。

スタンダード プロフェッショナル プロフェッショナル2ユーザー プロフェッショナル5ユーザー ネットワーク